自己紹介文

子どもの危機に立ち向かう保育のために様々な子どもの危機が指摘されている今、幼稚園や保育園などの役割がきわめて大きなものになってきています。子どもと保育実践研究会・子どもと保育総合研究はこうした状況の中で、子どもとともにある保育を求める人たちが力を合わせて「子どもの危機」「保育の危機」に立ち向かっていきます。
子どもと保育実践研究会・子どもと保育総合研究所では、徹底して子どもの視点に立つ保育を追求します。

子どもと保育総合研究所 代表 森上史朗