2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

2019年度夏季全国大会

2019年度夏季全国大会の申込み

早割 7/31までで締め切りました。

8/1以降にお申込みの方は当日価格となります。

事務局

 

2018年度冬季セミナー 要旨

2018年度冬期セミナーの要旨は以下となります。
たくさんの方のご参加をお待ちしています。

・・・・・

実践提案&シンポジウム
「子ども主体の保育と『見える化』の取り組み」

 これからの時代は、すべての園が、子ども主体の学びを生み出す保育、つまり、質の高い保育に向けた取り組みが求められるのです。
 そうした子ども主体の保育の取り組みが全国のあちこちで広がっています。特に、研修を通して、園内の保育を変えていく園があちこちの自治体から生まれているのです。
 そこで、今回は、横浜市での研修(公開保育を含む)を通して、自園の保育を見直していった白百合愛児園の取組を通して考えてみたいと思います。
 この園では、この連続研修を踏まえ、子どもが主体的に活動するにあたって、ドキュメンテーションの作成による遊びが学びの見える化、計画のWEBをしようとするなどを通して、保育がとても豊かになったそうです。
 子ども主体の学びが生まれる保育ための工夫について、実践事例をもとに考えていきましょう

・・・・・

講演&鼎談 
「保育における『道徳性』を考える」

 新しい学習指導要領で、「特別の教科 道徳」が導入されることになり、新聞などの報道によれば、教育現場は大混乱に陥っているとか。ここで「特別の」という但し書き付きなのは、「観点別評価、いたしません」、「数値による評価、いたしません」、「他児との比較、いたしません」(「ドクターX」風宣言―もう古いか?)という「いたしません」三原則のためです。この「特別の教科」についての文部科学省の「解説」をじっくり読むと、「これは、“教科”観の大転換だ!」と言いたくなる。これこそ、「“勉強”から“学び”へ」への転換です。
 そもそも、“勉強”と“学び”の違いは、“勉強”(松下良平のいう「学習」)は「目標準拠型」の活動が中心になるが、“学び”(松下も佐伯も“学び”という)は、自生的(佐伯のいう「後追い的」―できごとが起こったあと、あれは“学び”だったとされる)活動です。幼児教育は倉橋以来、「学び」が生まれる遊び中心でした。それに対し学校教育は、大久保利通の進言によって敷かれた「学制」(明治5年)の当初から、ひたすら「勉強」中心でした。それが近年、幼児教育も「“勉強”への準備をしなさい」風のプレッシャーが強まってきている今日この頃ですが、「特別の教科 道徳」は、明治以来の勉強主義的学習観を、「特別」の(例外措置風の)教科としては、“学びへの転換”として「道徳」を設定しているのです。だったら、今こそ、「幼児教育はそれをずぅ~っと、明治以来、やってきていることを、自信をもって言おうじゃないか!(それからあとは、講演をお楽しみに。)

【参考文献】:
松下良平 自生する学び―動機づけを必要としないカリキュラム― グループ・ディダク
ティカ編『学びのためのカリキュラム論』勁草書房、2000年、236-255頁 

・・・・・

分科会A 
「子どもと出会い、探求し合うことを楽しむ ~0歳児クラスの実践をもとに~ 」

 分科会Aの実践提案は、O歳児クラスの実践です。実践提案してくださる3人は、0歳児であっても、色々なことを考え、色々なことを私たちや仲間に発信していることに驚き、喜び、楽しみ合いながら日々の保育を営んでいるようです。実践提案者の一人、森竹先生の言葉を借りれば、「子どもがみている世界を、感じたり、想像することに面白さを感じている日々」だと言います。もちろん、大変なこともあるそうです。
 そこで、0歳児が探求している姿と、その姿を探求する先生方の温かいまなざしを具体的なエピソードをもとに紹介していただきながら、目の前の子どもに対して丁寧に、応答的にかかわるということの内実を、皆さんと一緒に考えてみたいと思います。
 0歳児の保育実践ですが、未満児全体、いや以上児の保育にも共通して重要になる保育の基盤について考える機会になったらいいなと思っています。

・・・・・

分科会B
「子ども理解にもとづく、一人ひとりのペースを支える保育 ~~保育者の葛藤と工夫~~」

 先日、コーディネーターの3人で和光保育園にお邪魔しました。子どもたち一人ひとりのペースが大事にされていることに驚きました。保育者も、子どもたちがそれぞれのペースで動いていることを認めていました。それなのに、保育園には自然な秩序感が漂っています。
 コーディネーターの3人は、疑問をもちました。「どうして、この秩序感が生まれているのだろう?」「子どもに働きかけないで、みんなに学びを保障できるのか?」「この保育園では、保育園で起きている学びをどのように説明しているのだろう?」。
 分科会の実践提案者である鈴木秀弘さんは「和光保育園の保育者たちも、子どもに任せた方がいいのか、働きかけた方がいいのか、葛藤して、工夫している」「任せるのは難しい。けど、任せないと新しいものが生まれてこない」「そういった葛藤や工夫は、和光保育園だけのものではないはず」と語ってくれました。
そうして、分科会のタイトルができました。当日は、子どもの姿をたくさん見て、子どもの話をたくさんするつもりでいますが、保育者どうしの関係の話も、ちょっとばかり出てくるかも知れません。

・・・・・

分科会C 
「園庭環境の工夫 〜1人でもできる!やってみたい!と思える工夫を探しに〜」

 みなさんの園には、どのような園庭がありますか。子どもたちは園庭でどんな遊びをしていますか。また、その園庭環境は誰がどのように整えていますか。
本分科会では、日々の保育において、なかなかじっくりと立ち止まって考える機会がない“園庭”にスポットを当てていきます。
 実践提案をして頂くのは、子どもがあそびたくなる草花のある園庭があり、自然の遊びを大事に実践しているひかりの子幼稚園・めぐみの子幼稚園の先生です。書籍でも紹介されている、夢のようなGardenの話だけではなく、園庭の状況が刻々と変化する中での保育者の思いや具体的な工夫について語って頂きます。
 提案を受けて、自然を環境とする園庭が、子どもと保育者の遊びや生活とどんな風に結びついているのか。なぜ自然なのか。なぜ園庭なのか。「環境を通した保育」についてじっくり考えてみたいと思います。また、園庭環境を誰がどのように整えていくのか、動的な変化のプロセスを支える園内での協働の仕組みや地域とのつながりにも話題を広げて、明日の実践へとつなげていきたいと思います。
 参加される方々が抱える様々な園庭事情もたくさん交換をしながら、1人でもできる!やってみたい!と思える園庭環境の工夫を探れる時間になることを願っています。

・・・・・

分科会D
「保育の質向上におけるリーダーシップを考える ~職場としての魅力を高める試み~」

 保育の質的な向上を具現化するためには多くの困難があります。元来子ども主体の保育を実践する園にとっては当たり前の事でも、一斉の活動や保育内容、行事のあり方などについて「させること」を中心に保育が展開され、保育が固定化している園が多く存在していることも否めません。
 3法令の改訂を受けて、子どもの主体性を中心に据えた対話的な学びや深い学びを実現することは簡単ではないと思います。しかし、子どもが将来に向かって生きる力を育み、遊びの中で培った学びが小学校の接続期までしっかりとつながるようにするには、園としての保育のあり方を見直さなければならない部分が多くあります。
 そこで、この分科会では園長や園を担う中堅としての役割などを具体的に提案してもらい、質的な向上に必要なファシリテーター的な役割を担う人の苦悩や具体的な取り組みについて皆様と検討できればと思っております。
 これまで2つの幼稚園だったものが、今年度、それぞれ幼稚園型と幼保連携型のこども園に移行し、幼保連携型は新築園舎での宮前おひさまこども園としてスタートしました。今回ご登壇いただく、亀ヶ谷園長先生は、後継者として他の法人で保育者経験を積むだけでなく、この数年は自園でもクラス担任として働き、新園のスタートに合わせて園長に就任しました。
 新しいこども園では、以前からの職員と中途採用職員とが一緒に働くわけですが、一方的に新参者が適応していくのではなく、古参者の側にも変容的な学びが生まれることを願いながら、対話の場・時間・ツールといった職場環境をどのように整えてきたのかなどをご報告いただく予定です。

夏季大会終了しました。

夏季大会が終了しました。

たくさんの方のご参加、ありがとうございました。

次回は、2019年1月14日(祝)です。


2018年度夏季全国大会 要旨

2018年度夏季全国大会の要旨は以下となります。
たくさんの方のご参加をお待ちしています。

・・・・・

実践提案&シンポジウム
「遊びや生活を通して感じることと表現すること」

 子ども主体の遊びが学びの保育の重要性がますます注目される中、子どもが遊びや生活を通して、いかに主体的で、モノや人ととの対話を通して、豊かな表現が生まれるかはとても大切なテーマです。
 かぐのみ幼稚園では、昔から子どもの遊びと造形表現を大切にしてきた園です。かぐのみ幼稚園での保育実践から、遊びや生活と表現について考えていきたいと思います。
 特に、今回の実践提案者は、3年目の保育者です。若手の保育者が、子どもと共に保育を生み出し、語ることについても考えていきたいと思います。

・・・・・

講演&鼎談 
「保育における「やさしさ」について ~ブルームの「反共感論」をふまえて~」

 最近刊行されたポール・ブルームの『反共感論―社会はいかに判断を誤るかー』(2018年)は、一読して「ほとんど立ち直れないほどのショック」を受けました。それは、「他者が感じていることを感じ取る」とか、「他者の身になって感じる」とか、これまで小生を含めて多くの人たちが「共感」と呼び、それこそが保育の原点だとしてきたことが、むしろ暴力や排除などの非道徳的行為を引き起こしたり、反道徳的行為を正当化するもとになっていたりすることを、さまざまな事例や鋭い論考で、これでもかこれでもかと解き示しているのです。
 これはただならないことだと痛感したので、きちんと読み取ろうと思って原著を取り寄せたのですが、その原著を手にして、またまたショックでした。それは原著の表題が

Against Empathy: The Case for Rational Compassion
(共感に対抗する:知的なやさしさに向かうことの論拠)

だったということです。“rational compassion” を「知的なやさしさ」と訳出する根拠については講演でくわしく話しますが、あえてナゾめいたことを言って、みなさまの興味を喚起しておきます。それは村上陽一郎が「死に立ち会うこと」を徹底的に論考した
『<死>の臨床学』(新曜社、2018年)の最後に到達した「結論」にもかかわり、さらに、最近ではない近刊書の村井実著『教師と「人間観」』(東洋館、2015年)の後半で福澤諭吉についての
 詳細かつみごとな論考の中で、福澤諭吉の思想と生き様、人物を総括することばとして、“「やさしい」人、福澤諭吉”―実態は時の政府に強烈に対抗した強い人ですがーと宣言していることにかかわります。
乞う、ご期待。

・・・・・

分科会A

 幼稚園の2歳児保育の本格化に加え、保育所でも連携園からの転入など多様な利用形態が広がり、「2歳から3歳への接続」を考えることはこども園独自の課題ではありません。そこで本分科会では、2歳までの保育の充実を3歳以降の教育・保育の変革につなげ、2017年に発表された映像(「ある認定こども園の挑戦Ⅱ育ちあう保育」岩波映像)においても接続期のあり方について発信されてきた「さざなみの森こども園(東広島市)」の実践について、保護者の立場から語っていただきます。
 当日は、山崎家第2子(現在、4歳児クラスに在籍)も出ているさざなみの森映像から2歳から3歳への接続期の部分を紹介し、母親の目から見えた当時の様子を振り返っていただきます。さらに、当日はご夫婦で参加されますので、父親の立場からのお話も伺うことができるとのことです。

 接続期は、子どもにはどのようにとらえられていたのでしょう。子どもの立場からの意味をご参加の皆さんと共に考えていきます。


分科会B

 鳩の森愛の詩保育園の特徴的な水色の扉を回りこむと現れる小さな門扉。先生が笑顔でお迎えくださる。すると、先生の足元から「みて、みて!ほら!」と男の子が出てきた。3歳ぐらいだろうか。その小さな手に摘まれてブラブラと下がっているのは12〜3㎝のミミズだ。「あのね。こっち。」と園庭へと案内される。夕方のゆったりとした時間に、自分の発見をキラキラした瞳で伝えようとする男の子。訪れて3秒、私はすっかりこの園の雰囲気に包みこまれてしまった。

 今回ご紹介いただく事例は、1歳の子どもたちの(色)水遊びである。0歳の頃から感触遊びに親しんできた子どもたちに、5月のある日、ペットボトル数本に食紅で色をつけた色水が用意された。子どもたちは興味津々で色水に手を伸ばすのだが、そこで子どもたちが興味を広げ、遊びが発展していく様子は、まさに「考えて遊ぶ」姿である。子どもたちの表情は真剣そのもの。そして、先生たちも子どもたちの反応を真剣に楽しんで、子どもたちの姿に耳を傾け、目を凝らし、心を澄ませる。
これらの事例を基に、0,1歳児の子どもたちの「考える」という姿や力を改めて味わい、発見することを通して、それらを日々の遊びの中で引き出す環境や、子どもの傍らにいる大人のまなざしやかかわりについて、会場のみなさんと共に考えたいと思う。


分科会C

 保育をしていると思うようにいかないことが起こります。この遊びをもっと面白くしたいのに、こんな保育をしたいのに、あるいは遊びからもっと豊かに展開させたいのに。
「どうせ無理なんじゃないか」「うちの園では無理だと思う」という思いが頭をよぎることもあります。
 そんなときこそ、自分の悩みをさらけ出して、仲間や同僚と話し合うと「だったら、こうしてみたら?」というアイデアの出し合いが起こるかも知れません。いろいろな勉強会に足を運ぶ。「こうしたら、うまくいくかも!」というアイデアが湧いてくる。すると、見えなかった子どもの姿が見えてくるかもしれません。同僚や保護者に語りたくなる保育実践が生まれるかもしれません。
 そうなると、きっと保育がさらにおもしろくなってきます。
 現実は、うまくいくことばかりではありません。むやみに理想を語るのではなく、とはいえ、現実への愚痴にとどまることなく、西井さんの実践提案を手がかりに、保育がおもしろくなるためのヒントを参加者のみなさんと一緒に見つけたいと思っています。


分科会D

 保育が「見える」ようにするための様々な道具、媒体は、ICTの発展にともなって、ますます多様になっています。けれども、その多様な道具は、本当に保育が「見える」ことに、そして保育がもっとおもしろくなることに、うまく役に立っているでしょうか?
 今回は、2歳児クラスの子どもたちと共に、電車をめぐるプロジェクトがどんどん面白くなり、広がり深まって行った実践を紹介して頂き、そこに、どのように多様な「見える化」が関わっているのかを検討していきたいと思います。
 ハッピードリーム鶴間では、もともとドキュメンテーションを作る環境、道具が整えられ、丁寧に保育の見える化に取り組んでいらっしゃいます。けれども、今回の2歳児クラスの子ども達との実践は、その環境や道具だけがもたらすのではない、また、保護者に見えるようにするだけではない、本当に保育の日常を深めていく中に埋め込まれている多様な「見える化」のありようを紹介していただくものになっています。その実践から学び、参加者のみなさんの園、それぞれの保育の「見える化」を始めたり深めたりするきっかけを共に考える時間にしていきたいと思います。


2018年度夏季全国大会について

2018年度夏季全国大会
2018年8月12日(日)
場所:アルカディア市ヶ谷
内容:実践提案、講演、分科会(4分科会)を予定しています。

詳細は、決まり次第お知らせします。

ご入会について

子どもと保育総合研究所 
2018年度ご入会(単年度更新)募集中です。

2017年度冬季セミナーのご報告

冬季セミナーは無事終了しました。
たくさんのご参加、ありがとうございました。

会場は、玉川大学教育棟2014でした。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


実践提案&シンポジウム『子どもも、大人も、共に育ち合う保育の原点を問う』

実践提案 
宮武大和(札幌トモエ幼稚園) 
シンポジウム
宮武大和(札幌トモエ幼稚園)
久保健太(関東学院大学)
コーディネーター 
大豆生田啓友(玉川大学) 


Img_7213 Img_7209

Img_7212 Img_7210


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


分科会A 『園が「生活の場」であるということ』

実践提案 
溝口義朗(東京都認証保育所ウッディキッズ)
コーディネーター
三谷大紀(関東学院大学)
若月芳浩(玉川大学)

Img_7238 Img_7218

Img_7237


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


分科会B 『写真を中心とした記録に変えて見えてきたこと』 (0・1・2歳)

実践提案 
松本莉奈(ゆうゆうのもり幼保園)
コーディネーター
松山洋平(和泉短期大学) 
瀬川千津子(田園調布学園大学)

Img_7227 Img_7228

Img_7229 Img_7247


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


分科会C 『子ども主体の保育に変えるとは (―養成校との協働の中で―)』

実践提案
山崎和子(鶴見大学短期大学部附属三松幼稚園)
仙田 考(鶴見大学短期大学部)
コーディネーター
相馬靖明(保育のデザイン研究所)
木村 創(向山こども園)

Img_7223 Img_7244

Img_7245


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


講演+鼎談『「感じる』ということの意味』

講演
佐伯 胖(田園調布学園大学 大学院)
鼎談    
佐伯 胖(田園調布学園大学 大学院)
渡辺英則(港北幼稚園・ゆうゆうのもり幼保園)
岩田恵子(玉川大学) 

Img_7259 Img_7260

Img_7264 Img_7256

2017年度冬季セミナー 講演+鼎談について

2017年度冬季セミナー 講演+鼎談の要旨です。

 ケアリング論で著名なN.ノディングズは、学生たちにしばしば、”Stop thinking!” (「考えることをやめなさい」)と注意するとのこと。それはなんらかの枠組みや解釈をあてはめようとすることをやめて、あらゆる感覚のチャネルを開いてしっかり見ること(open all channels to perceive it)といいます。(”Caring,” p. 146)。また、省察(reflection)論で著名なD.ショーンは、「実践の中での省察(reflection-in-practice)」は客観的に記述する観察者(傍観者)としての言葉によるのではなく、当事者自身が感じ取ること(feeling for)によるとしています。ショーンは、「感じること」は「知ること」と対立するのではなく、むしろ「深く知ること」であり、そのときは、どのように対応(むしろ「応答」)すべきかが“自ずから見えてくる”としています。
 講演では、ノディングズが”Stop thinking!” と言ったこと、ショーンが「傍観者的記述をやめて当事者としてその場で感じ取ること」と言っていることが、保育実践ではどういう意味になるかについて、私たちが最近著した『「子どもがケアする世界」をケアする』(ミネルヴァ書房、2017)と関連づけて説明し、それらをみなさまと「感じながら考えたい」と思います。 佐伯 胖


2017年度 冬季セミナー申込みを開始

2017年度 冬季セミナーの申込みを開始しました。

今回も、
1:事前お申込み+事前お振込み
2:当日お支払い
で、参加費が違いますのでご注意ください。

1につきましては、事前にお振込みが確認できた場合となります。

また、同時入会の場合はHPより入会申込書を送り、
参加費・入会費を合算してお振込ください。

ご参加、お待ちしています!

2017年度 冬季セミナーについて

2017年度 冬季セミナーについて
とき 2018年1月6日(土)
場所 玉川大学
詳細につきましては、決定後お知らせいたします。


«2017年度 冬季セミナーについて