2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

冬季セミナー実践提案&シンポジウム要旨について

15:25~17:30 実践提案&シンポジウム

実践提案 本田智秋(順正寺こども園)

シンポジスト 三谷大紀(関東学院大学)

コーディネーター 大豆生田啓友(玉川大学)

「子ども主体の保育のついての追求~同僚性を高めながら~」

<要旨>

現在、全国のあちこちの園で、子ども主体の保育の実践への転換、あるいはその深まりへの取り組みが行われています。その中で、広島市の順正寺こども園はこれまでの保育を大きく転換し、さらに子ども主体の保育を深める取り組みをしているのです。遊びの環境、生活場面、行事など多岐にわたってチャレンジを行っています。こうした保育の転換の取り組みで重要なのは、職員の同僚性を高めているということです。また、広島市での組織的な動きとも連動しています。そうした、順正寺こども園の実践報告を受けて、子ども主体の保育を追求していくために大切なことを考えていきましょう。

2019年度子どもと保育実践研究会冬季セミナーの詳細について

2019年度冬季セミナーの詳細についてお知らせいたします。

多くの方のご参加をお待ちしています。

2020年1月12日(日) 玉川大学大学教育課2014 6階

9:50 開会挨拶

10:00~11:50 講演&鼎談
講演 佐伯 胖(田園調布学園大学 大学院)
鼎談 佐伯 胖(田園調布学園大学 大学院)渡辺英則(港北幼稚園・ゆうゆうのもり幼保園)岩田恵子(玉川大学)  

”あらためて、「遊ぶ」ということの意味 中動態としての「遊び」を考える”

動詞には能動態(スル)、受動態(サレル)動詞のほかに、中動態というのがあります。たとえば、「見える」とか「見えない」という場合、それは「見る」という能動形ではないし、「見せてくれる」という受動形でもないでしょう。ただ、(勝手に)「見えてくる」か(勝手には)「見えてこない」わけです。でも、「見える」とか「見えない」というのは、この「ワタシ」にかかわることで、主語(主体)はしっかりあります。

ところで、「遊ぶ」というのは、何かを「しよう」という特定の「遊び行為」を「スル」(能動態)があるかもしれませんが、実際に「遊んでいるとき」というのは、「遊び」が「やってくる」のであって、「これをしよう」という目的意識はないでしょう。「遊ぶ」ということを、そのような「中動態」だと考えてみますと、いろいろ思い当たることがあるでしょう。また、多様な「中動態」の動詞を考えてみますと、実は、「保育する」ということも、本来は、「気がついたら保育していた」ということ、つまり、中動態的動詞なのかもしれません。

そうだとすると、能動態の行為のように、綿密に計画し、環境を整え、「遊び」を仕掛ける、仕組む、というのがオカシイことがわかるのではないでしょうか。即興と発見とさらなる探求が勝手に向こうからやってくる、というのが本来の「保育」ではないでしょうか。講演では、中動態としての「遊び」を考えることから、保育そのものの「中動態」性を考えてみたいと思います。

13:10~15:00 分科会(A・B・C)

分科会A「生活と遊びの中の造形表現」~造形は作品づくりではなく、子どもの遊びそのもの~

○実践提案 谷戸幼稚園 佐伯里乃

○コーディネーター 平野麻衣子(兵庫教育大学)大井美緒(星美学園短期大学)

このサブタイトル、素敵だと思いませんか。実は、提案園である谷戸幼稚園の先生方が考えて下さいました。園に訪問すると、タイトルの通りに、一人ひとりの子どもが自然に、その子らしく遊び、表現する姿があちらこちらで見られました。日々の生活の中での様々な素材体験や感動体験、そして疑問から生まれる造形表現。実践提案では、見立て・つもり・ごっこ遊びに見られる造形表現について、一人ひとりのイメージを大切にしつつ友だちと共有していくプロセスを具体的にお話しして頂きます。

造形表現といっても、作品づくりを目指すのではなく、子どもがおもしろがっている世界とのかかわりがそのまま遊びであり、表現である・・・うんうん、わかる。確かにそうなりたい、けれどもなかなか難しいという声もあると思います。そこで、この分科会では、「けれども」の部分についても、率直に語り合えればいいなと考えています。様々な声を交換し合う中で、子どもの表現って何だろう?造形表現って?というそもそもを考える機会となれば幸いです。

分科会B 子どもと保育者が創るあそび環境~子ども主体の保育への転換~

○実践提案 幼保連携型認定こども園 かほる保育園 石川富優美 依田みづき 落合陽子

○コーディネーター 久保健太(関東学院大学)小林紀子(青山学院大学)

11月1日(金)に、かほる保育園(甲府市)に行ってきました。石川さんと依田さんは5歳児クラスの担任です。さっそく、二人のクラスに入って、一緒に過ごさせてもらいました。

私がうかがった10時ごろ、ちょうど朝の話し合いを園庭でおこなっていました。話し合いの結果、「いいからいいから」という大型園庭遊具から「みんなで飛び降りよう」ということになり、大人はマットを準備して、子どもは順番をつくって、準備をします。ひととおりクラスで遊んだ後は、それぞれのしたいように自由に過ごします。依田さんは、「いいからいいから」のすき間から、はみ出てきた茎を、子どもたちと一緒にのぞきこんでいます。石川さんは、木登りをする子どもたちのそばにいます。

私は「子どもと保育者が一緒に創る」というのは、こういうことなんだろうなあと感じながら、過ごしていました。

石川さん、依田さん、落合園長に話をうかがってみると、子どもと一緒に保育をつくることの楽しさや工夫をたくさん語ってくれました。そういった話は、分科会当日にもたくさん聞けると思います。

とはいえ、現実は、うまくいくことばかりではありません。三人は、それぞれの悩みも語ってくれました。

むやみに理想を語るのではなく、とはいえ、悩みっぱなしで終わるのでもなく、かほる保育園の実践提案を手がかりに、子どもと一緒に保育をつくるためのヒントを参加者のみなさんと一緒に見つけたいと思っています。

分科会C「ドキュメンテーション型日誌をとおして実習と保育の質を高める」

○話題提供 うーたん保育園 斎藤由希 玉川大学学生 橋口由紀乃 玉川大学 鈴木美枝子

○コーディネーター 瀬川千津子(田園調布学園大学) 木村 創(認定向山こども園)

玉川大学では、実習園の協力を得て、教育実習(幼稚園)、保育実習(保育所)において写真を用いた「ドキュメンテーション型日誌」の取り組みを始めています。今回の分科会では、まず、その取り組みの概要を、同大学保育実習担当の鈴木美枝子先生からご紹介いただきます。また、この枠組みの中で、「ドキュメンテーション型日誌」で、初めての保育実習を行った体験を、同大学4年次学生の橋口由紀乃さんに話していただきます。

その上で、この橋口さんの実習を受け入れてくださった側であるうーたん保育園の斎藤由希先生に、「ドキュメンテーション型日誌」による実習受け入れの様子、その実習の中で感じておられること、さらには、この実習をより良い学びにつながるように受け入れてくださったうーたん保育園の保育の特徴をお話しいただきます。

これらの話題提供を受けて、参加者の皆さんとは、単に「実習日誌」という観点だけではなく、保育の質を高めていくような記録のあり方、日誌のあり方、ドキュメンテーションのあり方を検討していく時間を持つことができれば、と考えています。子ども理解を深めるような写真の工夫はあるでしょうか、日常の各園でのドキュメンテーションの視点はどのようなものでしょうか、保護者との子ども理解の共有はどのようなものでしょうか。ドキュメンテーション型日誌をとおして保育についてじっくり考える機会を、と願っています。

 

» 続きを読む

「森上史朗先生を偲ぶ会」メッセージの受付について

「森上史朗先生を偲ぶ会」にご参加されない方からのメッセージはメールにて受け付けております。
edu@kir.jp 宛にお送りください。
よろしくお願いいたします。

森上史朗先生を偲ぶ会について

「森上史朗先生を偲ぶ会」事前受付は終了いたしました。
ご参加される方は当日、会場受付に直接お越しください。
どうぞよろしくお願いいたします。

【森上先生を偲ぶ会】
日時:2019年9月8日(日)17時~20時(受付開始 16時30分)
会場:新横浜プリンスホテル 5階 シンフォニア
   横浜市港北区新横浜3-4
   TEL 045-471-1111
   https://www.princehotels.co.jp/shinyokohama/access/
会費:一万円
会費制とさせていただいておりますので、ご香典・ご供花等は固くご遠慮申し上げます。
また、当日は平服でお気軽にご参加くださいますようお願い申し上げます。
お問合せ先:子どもと保育総合研究所 事務局 
Email edu@kir.jp  TEL 045-534-0530

森上先生を偲ぶ会のご案内

拝啓 秋暑の候 皆様にはお変わりなくお過ごしのことと拝察申し上げます。
すでにご承知の方もおられると思いますが、去る8月4日に子どもと保育総合研究所代表 森上 史朗が永眠いたしました。ここに生前のご厚誼に深謝し謹んでご通知申し上げます。
故人の意思により、葬儀はご家族のみで執り行われました。
この度、故人とご縁のあった方々にお集まりいただき、故人の思い出を語り合いながら、その足跡を振り返りたく、下記の通り「偲ぶ会」を開催することになりました。
ご多用中とは存じますが、ご来臨賜りますようお願い申し上げます。
敬具

子どもと保育総合研究所
発起人 佐伯 胖
渡邉 英則
    大豆生田 啓友

              記

日時:2019年9月8日(日)17時~20時(受付開始 16時30分)
会場:新横浜プリンスホテル 5階 シンフォニア
   横浜市港北区新横浜3-4
   TEL 045-471-1111
   https://www.princehotels.co.jp/shinyokohama/access/

会費:一万円
会費制とさせていただいておりますので、ご香典・ご供花等は固くご遠慮申し上げます。
また、当日は平服でお気軽にご参加くださいますようお願い申し上げます。
お手数ですが、ご参加いただける場合は、準備の都合上、9月2日(月)までに以下のURLもしくはQRコードへアクセスの上、お申込みください。(ご欠席される場合も、以下のURLもしくはQRコードよりメッセージをお送りいただけます。)
https://ux.nu/mjKSN

Photo_20190827095601

お問合せ先:子どもと保育総合研究所 事務局 
Email edu@kir.jp  TEL 045-534-0530
以上

2019年度夏季全国大会終了しました。

夏季全国大会が終了しました。

たくさんの方のご参加、ありがとうございました。

次回は、2020年1月初旬予定です。

 

 

2019年度夏季全国大会

2019年度夏季全国大会の申込み

早割は7/31で締め切りました。

8/1以降にお申込みの方は当日価格となります。

事務局

 

2018年度冬期セミナー終了しました。

冬期セミナーが終了しました。

たくさんの方のご参加、ありがとうございました。

次回は、2019年8月10日(土)です。

 

 

2018年度冬季セミナー 要旨

2018年度冬期セミナーの要旨は以下となります。
たくさんの方のご参加をお待ちしています。

・・・・・

実践提案&シンポジウム
「子ども主体の保育と『見える化』の取り組み」

 これからの時代は、すべての園が、子ども主体の学びを生み出す保育、つまり、質の高い保育に向けた取り組みが求められるのです。
 そうした子ども主体の保育の取り組みが全国のあちこちで広がっています。特に、研修を通して、園内の保育を変えていく園があちこちの自治体から生まれているのです。
 そこで、今回は、横浜市での研修(公開保育を含む)を通して、自園の保育を見直していった白百合愛児園の取組を通して考えてみたいと思います。
 この園では、この連続研修を踏まえ、子どもが主体的に活動するにあたって、ドキュメンテーションの作成による遊びが学びの見える化、計画のWEBをしようとするなどを通して、保育がとても豊かになったそうです。
 子ども主体の学びが生まれる保育ための工夫について、実践事例をもとに考えていきましょう

・・・・・

講演&鼎談 
「保育における『道徳性』を考える」

 新しい学習指導要領で、「特別の教科 道徳」が導入されることになり、新聞などの報道によれば、教育現場は大混乱に陥っているとか。ここで「特別の」という但し書き付きなのは、「観点別評価、いたしません」、「数値による評価、いたしません」、「他児との比較、いたしません」(「ドクターX」風宣言―もう古いか?)という「いたしません」三原則のためです。この「特別の教科」についての文部科学省の「解説」をじっくり読むと、「これは、“教科”観の大転換だ!」と言いたくなる。これこそ、「“勉強”から“学び”へ」への転換です。
 そもそも、“勉強”と“学び”の違いは、“勉強”(松下良平のいう「学習」)は「目標準拠型」の活動が中心になるが、“学び”(松下も佐伯も“学び”という)は、自生的(佐伯のいう「後追い的」―できごとが起こったあと、あれは“学び”だったとされる)活動です。幼児教育は倉橋以来、「学び」が生まれる遊び中心でした。それに対し学校教育は、大久保利通の進言によって敷かれた「学制」(明治5年)の当初から、ひたすら「勉強」中心でした。それが近年、幼児教育も「“勉強”への準備をしなさい」風のプレッシャーが強まってきている今日この頃ですが、「特別の教科 道徳」は、明治以来の勉強主義的学習観を、「特別」の(例外措置風の)教科としては、“学びへの転換”として「道徳」を設定しているのです。だったら、今こそ、「幼児教育はそれをずぅ~っと、明治以来、やってきていることを、自信をもって言おうじゃないか!(それからあとは、講演をお楽しみに。)

【参考文献】:
松下良平 自生する学び―動機づけを必要としないカリキュラム― グループ・ディダク
ティカ編『学びのためのカリキュラム論』勁草書房、2000年、236-255頁 

・・・・・

分科会A 
「子どもと出会い、探求し合うことを楽しむ ~0歳児クラスの実践をもとに~ 」

 分科会Aの実践提案は、O歳児クラスの実践です。実践提案してくださる3人は、0歳児であっても、色々なことを考え、色々なことを私たちや仲間に発信していることに驚き、喜び、楽しみ合いながら日々の保育を営んでいるようです。実践提案者の一人、森竹先生の言葉を借りれば、「子どもがみている世界を、感じたり、想像することに面白さを感じている日々」だと言います。もちろん、大変なこともあるそうです。
 そこで、0歳児が探求している姿と、その姿を探求する先生方の温かいまなざしを具体的なエピソードをもとに紹介していただきながら、目の前の子どもに対して丁寧に、応答的にかかわるということの内実を、皆さんと一緒に考えてみたいと思います。
 0歳児の保育実践ですが、未満児全体、いや以上児の保育にも共通して重要になる保育の基盤について考える機会になったらいいなと思っています。

・・・・・

分科会B
「子ども理解にもとづく、一人ひとりのペースを支える保育 ~~保育者の葛藤と工夫~~」

 先日、コーディネーターの3人で和光保育園にお邪魔しました。子どもたち一人ひとりのペースが大事にされていることに驚きました。保育者も、子どもたちがそれぞれのペースで動いていることを認めていました。それなのに、保育園には自然な秩序感が漂っています。
 コーディネーターの3人は、疑問をもちました。「どうして、この秩序感が生まれているのだろう?」「子どもに働きかけないで、みんなに学びを保障できるのか?」「この保育園では、保育園で起きている学びをどのように説明しているのだろう?」。
 分科会の実践提案者である鈴木秀弘さんは「和光保育園の保育者たちも、子どもに任せた方がいいのか、働きかけた方がいいのか、葛藤して、工夫している」「任せるのは難しい。けど、任せないと新しいものが生まれてこない」「そういった葛藤や工夫は、和光保育園だけのものではないはず」と語ってくれました。
そうして、分科会のタイトルができました。当日は、子どもの姿をたくさん見て、子どもの話をたくさんするつもりでいますが、保育者どうしの関係の話も、ちょっとばかり出てくるかも知れません。

・・・・・

分科会C 
「園庭環境の工夫 〜1人でもできる!やってみたい!と思える工夫を探しに〜」

 みなさんの園には、どのような園庭がありますか。子どもたちは園庭でどんな遊びをしていますか。また、その園庭環境は誰がどのように整えていますか。
本分科会では、日々の保育において、なかなかじっくりと立ち止まって考える機会がない“園庭”にスポットを当てていきます。
 実践提案をして頂くのは、子どもがあそびたくなる草花のある園庭があり、自然の遊びを大事に実践しているひかりの子幼稚園・めぐみの子幼稚園の先生です。書籍でも紹介されている、夢のようなGardenの話だけではなく、園庭の状況が刻々と変化する中での保育者の思いや具体的な工夫について語って頂きます。
 提案を受けて、自然を環境とする園庭が、子どもと保育者の遊びや生活とどんな風に結びついているのか。なぜ自然なのか。なぜ園庭なのか。「環境を通した保育」についてじっくり考えてみたいと思います。また、園庭環境を誰がどのように整えていくのか、動的な変化のプロセスを支える園内での協働の仕組みや地域とのつながりにも話題を広げて、明日の実践へとつなげていきたいと思います。
 参加される方々が抱える様々な園庭事情もたくさん交換をしながら、1人でもできる!やってみたい!と思える園庭環境の工夫を探れる時間になることを願っています。

・・・・・

分科会D
「保育の質向上におけるリーダーシップを考える ~職場としての魅力を高める試み~」

 保育の質的な向上を具現化するためには多くの困難があります。元来子ども主体の保育を実践する園にとっては当たり前の事でも、一斉の活動や保育内容、行事のあり方などについて「させること」を中心に保育が展開され、保育が固定化している園が多く存在していることも否めません。
 3法令の改訂を受けて、子どもの主体性を中心に据えた対話的な学びや深い学びを実現することは簡単ではないと思います。しかし、子どもが将来に向かって生きる力を育み、遊びの中で培った学びが小学校の接続期までしっかりとつながるようにするには、園としての保育のあり方を見直さなければならない部分が多くあります。
 そこで、この分科会では園長や園を担う中堅としての役割などを具体的に提案してもらい、質的な向上に必要なファシリテーター的な役割を担う人の苦悩や具体的な取り組みについて皆様と検討できればと思っております。
 これまで2つの幼稚園だったものが、今年度、それぞれ幼稚園型と幼保連携型のこども園に移行し、幼保連携型は新築園舎での宮前おひさまこども園としてスタートしました。今回ご登壇いただく、亀ヶ谷園長先生は、後継者として他の法人で保育者経験を積むだけでなく、この数年は自園でもクラス担任として働き、新園のスタートに合わせて園長に就任しました。
 新しいこども園では、以前からの職員と中途採用職員とが一緒に働くわけですが、一方的に新参者が適応していくのではなく、古参者の側にも変容的な学びが生まれることを願いながら、対話の場・時間・ツールといった職場環境をどのように整えてきたのかなどをご報告いただく予定です。

2018年度夏季大会終了しました。

夏季大会が終了しました。

 

たくさんの方のご参加、ありがとうございました。

 

次回は、2019年1月14日(祝)です。

 

 

 

 

 

 

 

«2018年度夏季全国大会 要旨