2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

第10回子どもと保育実践研究全国大会

8日の特別企画を含めて3日間の大会が終了しました。
今年度は200名以上の参加者がありました。
写真は最終日の【講演と対談】での、渡部信一先生と佐伯胖先生の様子です。
「鉄腕アトム」と「鉄人28号」はどう違うのか?

Sany0014

大会の後かたづけを終えて、スタッフで夕食を取っているときに
「ジャイアントロボ」の話題が出ました。
ジャイアントロボは、鉄人28号のように指令に忠実に従うロボットだったのですが
悩んだ末に、最後には命令に逆らった・・・
「鉄人28号」を越えた「ジャイアントロボ」の存在を忘れるな!
と盛り上がってしまいました。

Hero171


台風の影響が心配でした。沖縄からの方は飛行機が飛ばなくて断念された方がいらっしゃったようです。
また、羽田までの直行便が運行中止となり、伊丹空港経由で数時間余計に時間をかけて、なんとかたどり着かれた方もいらっしゃいました。
夏の大会を楽しみにされている方がたくさんいらっしゃることをあらためて感じました。
このあと9月からは、月例研究会があります。関東近県の方はぜひご参加ください。
お待ちしています。


夏大会の案内と申込書をアップしました!!

子ども保育実践研究会第10回夏季全国大会

「子どもとともにある保育の原点PART1」

の詳細と申込書は、下記のファイルからもダウンロードできます。

「2006natsutaikaiannai.doc」をダウンロード  ←夏大会案内はこちら

「moushikomi.doc」をダウンロード  ←申込方法・申込書はこちら

夏季全国大会2006のタイムテーブル決定

夏季全国大会の内容が決定しましたので、報告します。

参加ご希望の方は、子どもと保育総合研究所(tel&fax 03-3406-1488)までご連絡ください。申込用紙と案内を郵送いたします。なお、当日参加も可能です。

子どもと保育実践研究会第10回夏季全国大会
「子どもとともにある保育の原点 PART1」

□日時 
8月 9日(水) 13:00~17:00(12:30受付開始) 10日(木)  9:00~16:00( 8:30 受付開始)

□場所 
青山学院大学(青山キャンパス)6号館, 11号館

□参加費
会員・学生 両日5,000円 1日のみ3,000円
一般     両日9,000円 1日のみ5,000円

□タイムテーブル
【第1日目】(8月9日)
13:00・・・リレー講演「子どもとともにある保育の原点」

森上史朗(子どもと保育総合研究所)・後藤節美(別府大学短期大学部)・高杉  展(松山東雲短期大学)
    
14:30・・・ビデオ・カンファレンス「子どもとともにある保育の探究」

企画・進行 子どもと保育総合研究所・東京地区研究会「保育を語る会」

17:00・・・1日目終了

【第2日目】(8月10日)
9:00・・・講演と対談
講 演「子どもはどのように学んでいるか -「学び」の原点を探る-」

渡部信一(東北大学大学院)

対 談「保育のなかから生まれる「学び」を考える」

渡部信一(東北大学大学院)×佐伯 胖(青山学院大学)

司 会:若月芳浩(玉川大学)
             
12:00・・・総 会

12:15・・・昼休み

13:30・・・分科会

①「絵本は保育の宝庫!」
②「親への関わり方がもっとうまくなる(かもしれない)ワークショップ-ロールプレイを中心とした講座-」
③「生活の中で育つ保育とは-障がい児保育を問い直す中で見えてきたこと-」
④「保育の中で遊び経験を見直そう!」
⑤「育ち合う園づくりをめざして-今、園内研がおもしろい-」

16:00 2日目終了・解散

夏季全国大会2006の日程決定!!

10回記念大会 子どもと保育・実践研究夏季全国大会

日 時:200689日・10

テーマ:「子どもとともにある保育の原点 Part 1

会 場:青山学院大学 青山キャンパス(予定)

5月中旬には詳細をお知らせできると思います。