2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

11月18日の月例会会場変更!

すでにお知らせしているように、

今週土曜日に月例会を開催します。

内容・時間等は、前回ご案内したとおりですが、

会場が、青学の総研9F第16会議室から、青学のガウチャーメモリアルホール(15号館)5階の第13会議室に変更になりました。

ガウチャーメモリアルホールは、一番新しい建物で礼拝堂の入っているビルです

青学学内地図は、こちら→http://www.aoyamagakuin.jp/map.html

ご連絡が遅くなって申し訳ありませんが、宜しくお願い致します。

11月18日の月例会のご案内

すでにご案内したとおり、次回の月例会は、11月18日に行われます。

時間、会場、コーディネータは、すでにご案内したとおりですが、

テーマが、「保育における子育て支援」から「5歳児の保育を考える-遊びや活動の充実とその意義が保護者に伝わるということ-」に変更になりました。

詳細は、下記をご参照ください。

●日時:11月18日(土) 15:00~17:30(受付開始14:45)

●会場:青山学院大学 総研ビル(正門入って右手にある建物)9F 第16会議室

●参加費:子どもと保育実践研究会会員1,000円、学生500円、一般1,500円(事前のお申し込みは必要ありません)

●テーマ:5歳児の保育を考える-遊びや活動の充実とその意義が保護者に伝わるということ-

●コーディネータ:大豆生田 啓友(関東学院大学)

●話題提供者:伊藤 信(関東学院六浦幼稚園)・深見 千代(港北幼稚園)

●コーディネータ(大豆生田)からご案内

「協同的な学び」ということが幼児教育を見直す関心事となっており、特に5歳児の保育のあり方が大きな論点となっているようです。そこで今回は5歳児の保育について、2つの事例を通して考えてみたいと思います。特に、5歳児の子ども達が主体的な活動を通して、それが子ども同士のかかわりの中で本当に充実した経験(学び)となるとはどのようなことか、そしてそれが重要な経験として保護者に伝わるとはどのようなことか、等々について考えてみましょう。

今回はわが横浜実践研から、熱き若手保育者?2人による熱気あふれる事例提案とします。伊藤さんからは特にお店屋さんごっこを通しての事例を中心に話してもらいます。また、深見さんからは運動会でのリレーの事例などを通して提案をお願いしています。おそらく、2人の話は止まらないことでしょう。そして、5歳児ならではの保育のおもしろさと豊かさ、難しさ、そこにかかわる保育者のあり方、それからその経験の意味が保護者に伝わること等について、参加者を巻き込んで多くの問題を提起されることと思います。経験年数を問わず、絶対に保育心をゆさぶられる会になることを確信しております。ぜひ、ご参加ください。

皆様のご参加をお待ちしております。

次回の月例会(11月18日)のご案内

次回の月例会についてご案内致します。

●日時:11月18日(土) 15:00~17:30

●会場:青山学院大学 総研ビル(正門入ってすぐ右手にある建物)9F 第16会議室

●テーマ:「保育の場における子育て支援」

●コーディネータ:大豆生田啓友(関東学院大学)

●子どもと保育実践研究会会員1,000円、学生500円、一般1,500円 

※事前申込は必要ありません。

※ニューズレター、入会案内等では、11月は「遊びの中の共同性」を予定していましたが、1月13日に変更になったことをご了承ください。

皆様の参加をお待ちしております。

土曜日の月例会の会場

9月9日(土)15:00から行われる月例研究会の会場について

青山学院大学青山キャンパス
正門入ってすぐ右側の総研ビル9階
第16会議室

となります。
皆様の参加をお待ちしています。

障害児保育・特別支援教育について考える

●9月9日(土)15:00~17:00
「障害児保育・特別支援教育について考える」
コーディネーター:若月芳浩(香蘭幼稚園・玉川大学)
*****************************************
特別な配慮が必要な幼児(自閉症)の
幼稚園での一日を追ったビデオ映像をもとに
その子の一日の変化から「特別支援」の意味を探ります。
*****************************************

●会場:青山学院大学 青山キャンパス
会場となる教室番号は、当日、正門付近に掲示しますので
正門側からおいでください。
●参加費
子どもと保育実践研究会会員1,000円
学生500円
一般1,500円
事前申込は必要ありません。

(投稿者 子どもと保育総合研究所 相馬)


2006年度月例会の日程

9 /9()  1500 1730

「どの子にもうれしい保育の探求~障害児保育・特別支援教育について考える」

コーディネーター:若月芳浩(香蘭幼稚園・玉川大学)

11/18()  1500 1730

「遊びの中の協同性」

コーディネーター:相馬靖明(文京学院大学ふじみ野幼稚園)

1/13() 1500 1730

「保育の場における子育て支援」

コーディネーター:大豆生田啓友(関東学院大学)

会 場:青山学院大学 青山キャンパス(会場となる教室は、当日、正門付近、あるいは正門を入ってすぐ右手にある総研ビル1階のエレベータ前に掲示します)

会 費:会員1,000円 学生500円 一般1,500

※事前申し込みは必要ありません。会場にてお支払いください。