2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 幼稚園選びの地域差 | トップページ | 授業の教材探し »

愛媛地区実践研究会「保育実践講座」

愛媛地区実践研究会からのお知らせです。

愛媛地区では、毎年秋から冬にかけての時期に「保育実践講座」を開催しています。
これは、実践研究会会員に限らず、広く参加を呼びかけて行っているものです。
今年は、保育所保育指針改定検討会座長を務めていらっしゃる大場幸夫先生(大妻女子大学副学長)のご著書『こどもの傍らにいることの意味』をもとに、保育実践のあり方を皆さんと一緒に考えていきたいと思います。
教育要領・保育指針の改定、認定こども園の広がりと改革が進められていく中で、今一度立ち止まって「子どもとともにある生活」を見直してみませんか。
2月には大場幸夫先生に来ていただけることになりました。2月の講演会にもご期待ください。


◇テーマ   「こどもの傍らにいることの意味」を考える
◇期間 平成19年11月~2月(隔週木曜日、月2回開催予定)
◇時間 18:30~20:30
◇場所 松山東雲短期大学 D館3階 D-3-1教室
◇費用 各回500円(資料、茶菓代、特別講師への謝礼・交通費)
◇担当 児嶋雅典、高杉展、菅田栄子、吉村真理子、相馬靖明
◇申し込み先 各回ごとに受け付けますが、資料作成などの都合上、第一回講座開催までに、下記に申し込んでいただけたら幸いです。
*********************************
〒790-8531
松山市桑原3-2-1
松山東雲女子大学 心理こども学科
高杉展 宛
TEL 089-931-6211(代表)
FAX 089-932-5447
*********************************
◇日程及び内容(予定)
第1回 11/1  「テーマの趣旨について」・・・日常を振り返る
第2回 11/15 「こどもの居場所」・・・居心地、存在感を
第3回 11/29 「自分のまなざしを振り返る」・・・保育者のこだわり?
第4回 12/13 「保育カンファレンス」・・・園内研修、同僚性を考える
第5回 1/10 「育ちのスケールづくり」・・・保育環境とカリキュラムを考える
第6回 1/24 「保育者支援」・・・文化としての保育実践を支えていくために
第7回     「大場幸夫先生講演会」
第8回     「こどもの傍らにいることの意味」

第7、8回については2月に開催します。大場先生のご都合により開催日を決定し後日お知らせします。

« 幼稚園選びの地域差 | トップページ | 授業の教材探し »

研究所スタッフの活動日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛媛地区実践研究会「保育実践講座」:

« 幼稚園選びの地域差 | トップページ | 授業の教材探し »