2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

子どもと保育実践研究・夏季全国大会開催中

「子どもと保育実践研究全国大会2007」が、昨日から青山学院大学で開催されています。
佐伯胖先生の講演で紹介されていた書籍について、こちらに再掲しておきます。


Fish1

「フィッシュ!―鮮度100%ぴちぴちオフィスのつくり方」(早川書房)

プログラムと申し込み方法のご案内

長らくお待たせしましたが、
子どもと保育実践研究会夏季全国大会2007のプログラムが完成しましたので、お知らせさせていただきます。
ページの最後に、概要付きのプログラムと申し込み用紙がダウンロードできるようになっていますのでそちらも合わせてご覧下さい。

皆様のご参加を心よりお待ちしています。

子どもと保育実践研究会2007(第11回)夏季全国大会
「共に育ち合う保育の創造 PART1」

■日  時 
8月 9日(木) 13:00~17:00(12:30受付開始) 
8月10日(金)  9:30~16:00( 9:00 受付開始)

■参加費
一般両日:9,000円 一般1日のみ:5,000円
会員両日:6,000円 会員1日のみ:3,000円
学生両日:2,000円 学生1日のみ:1,000円

■プログラム
○8月9日(木)
13:00・・・シンポジウム「これからの保育の動向をめぐってー社会の変化に即して変えるべきもの、変えてはならないものー」
シンポジスト:渡辺英則(港北幼稚園)・小林紀子(小田原短期大学)仙田晃(江東区立川南幼稚園)・早川悦子(鶴見区芦穂崎保育園園長)
司会:赤坂 榮(おおやた幼保園)

15:15・・・講演「共感ー共に育ち合う保育の中でー」
      佐伯 胖(青山学院大学)
           
17:00・・・1日目終了

○8月10日(金)
9:30・・・分科会
① 「共振」から「共感」へ
―乳児期における他児とのかかわり― 
コーディネーター:須永美紀(國學院大學幼児教育専門学校)

② 「共に」の世界を生み出す共感
―自閉傾向のある子どもの育ちを支えたもの―
コーディネーター:宇田川久美子(青山学院大学大学院)

③ ともに学び・育ち合う保育者
―今こそ、子どもとの関係・同僚関係を本音で語り、問い直そう-
コーディネーター:三谷大紀(浦和大学)

④ 子ども・保護者・保育者が共に育ち合う保育の「場」について考える
コーディネーター:高嶋景子(田園調布学園大学)

※コーディネーターのほかに話題提供者、指定討論者を現在調整中です。

12:00・・・昼休み

13:15・・・総 会

13:30 ・・・ ビデオ・カンファレンス「気になる子どものいる保育」
登壇者:野本茂夫(國學院大學幼児教育専門学校)
     藤田有美子(港北幼稚園)
     松浦浩樹(聖学院大学)
司 会:本田俊晃(つくの幼稚園)

16:00 2日目終了・解散

↓こちらをクリックしていただければ、概要付きのプログラムと申し込み用紙がダウンロードできます。
お申し込みは、事務局のほうまで、FAXもしくは郵送でお願い致します。
「kakitakai2007.doc」をダウンロード
「moushikomi.doc」をダウンロード


テーマと開催日決定!!

今年で第11回大会となる
子どもと保育実践研究会夏季全国大会2007のテーマと開催日は以下のとおりに決まりました。

「ともに育ち合う保育の創造 Part 1」
2007年8月9日(木)・10日(金)
会場:青山学院大学 青山キャンパス

現在、大会のプログラム等を作成中です。
決定次第、こちらにアップします。