2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

冬季セミナー2008報告・分科会B

冬季セミナー一日目の基調講演で研究所代表の森上先生が、教育要領・保育指針の改訂などの施策を受身に追従するのではなく、このセミナーでは、それが子どもの視点に立ったものか実践に即した検討をして欲しい、と言われましたが、参加された皆さん、いかがだったでしょうか。

子どもと保育実践研究会会員の皆様にはニューズレターで改めてセミナーの報告をするべく、今回の参加者の皆さんの中から幾人かに、一文を書いていただけるよう依頼することになりました。
その方たちには「ニューズレター原稿依頼」が事務局から送られますのでどうぞよろしくお願いします。
また、このブログをごらんの皆様も、ぜひメールでご感想などをお寄せいただけたらと思いますし、ブログの記事に対してコメントを書くことができますので、ブログ上でのご意見もお待ちしています。

私も担当した2日目の分科会Bでは、KJ法を活用したグループ討議から全体討議へと移る際に、論点を絞るために、ビデオの中の二つの場面に注目していきました。
1.「平面のおばけ」から「立体のおばけ」へと保育者が働きかける場面
2.おばけやしきのネーミングを決める際の「ジャンケン」の場面
です。
本当にその子(はじめ平面のオバケを作り始めた子、ジャンケンによって自分の案が採用されなかった子)には、納得があったのか?表情から察するに、納得していなかっただろう、という捉えが出てきました。
一度でもそのビデオ映像を見たことがある方ならば、やっぱりそこか、と思われるかもしれません。
しかし、状況によっては「アリ」とする考えもグループ討議では出ていました。

ところで、同時進行していたA分科会では、保護者がお客さんになる行事の実践事例が紹介されました。
いくつものゲームコーナーを子どもたちが数日かけて作っていくわけですが、幼保園でもあり複数の保育者がかかわっていくことが特徴的で、「ゴールは見えない」中で、いや、だからこそ、遊びの中での子どもたちの思考の痕跡がそこここに見えていることの面白さが語られたそうです。
UFOキャッチャーを作ったグループでは、お客さんが「右」「前」と言うのに合わせて、子どもたちが前後左右にアームを動かすという仕組みになっていたそうです。
すると、操作する側はお客さんに向かい合っているので、「右」と言われたら左側へ「前」と言われたら手前側に動かすことになりますが、やはり混乱が生じます。
すると、「あー、こっちだった!」と忘れないようにしようとしたのか、赤ペンで方向を強調していくうちにそこが真っ赤になっていたのだそうです。
後で聞いた話なので、詳しくは違うかもしれませんが、その場での数日間にわたるその子どもたちの遊び(学び)の痕跡(履歴)を見ることができるわけです。

今回のB分科会では、西川さんがファシリテーターとしてある程度全体をコントロールしながらも、大豆生田さんと私が討議の場でのファシリテーターでもありました。
大豆生田さんは、「本当にそう思いますか?」「どう思ったかはっきり言いましょう!」と、どちらかといえば突っ込んでいく役回りを意識的にしていたと思います。
じゃあ私は、聞いていく役割を果そうと思いました。
一人のファシリテーターが、大豆生田と相馬の役割を同時に果そうとしたら苦しくなっていくではないでしょうか、ファシリテーターも参加者も。

そもそも、ファシリテーターとはそういうかかわりをしないのかもしれませんが、それは置いておきます。
なぜなら、「子どもが立ち止まって困っていると感じたら、保育者の意図する方へ引っ張るのもアリ」としながらも「そのことによって、本当にその子の思いが繋がれていく経験・納得してそうしよう思える経験になっていなかったのではないか」というダブルバインド状態に、B分科会の参加者はあったからです。
そこでは、徹底的に突っ込んでいく大豆生田もアリだし、聞く一方の相馬もアリ・・・です。

実はそこに、B分科会のビデオ映像の保育者と、A分科会の幼保園の保育者「たち」との、置かれていた状況の違いがあったのではないか、とA分科会の様子を後で聞いて思いました。
二つの分科会での参加者の思考過程がそこで重なり合うチャンスだったのかもしれませんが、そのための時間が取れなかったのが残念でした。
そうなるだろうと予想していなかったからなのですが、明らかに、A・B二つの分科会での参加者の思考過程は、前日の基調講演・シンポジウム・対談から紡ぎだされたものだったと言えます。
まさに、ここでの大人の学びもまた根源的に、森上先生と佐伯先生が前日に言及された「カリキュラム・ビタエ」なのだなあ、と思いました。
そして私にとっては、養成校での学生の学びへの問い返しも求められている・・・・一番学ぶのは、分科会を担当したり、事例提案者になったりした人だなあ、といつも思います。
(松山東雲 相馬)

冬季セミナー2008終わる

2日間にわたって、玉川大学を会場に開催された「子どもと保育冬季セミナー2008」が終わりました。
9日夜からの雪のため足元の悪い中、多くの皆さんにご参加いただきました。ありがとうございました。

1日目の佐伯胖先生の「保育所保育指針の怪」、面白かったですね。
幼保と小学校の連携・接続については、計画概念の違いから述べられていました。
「半歩先を読むために、膨大な過去を見る」・・・カリキュラム・ビタエ(curriculum vitae)

2日目、私の分科会Bは、ワークショップの形で進めていきました。
分科会の目的は、一つには「協同する経験・再考」なのですが、もう一つ「話し合いや会議のやり方を学ぶ」ということもありました。
保育士や教員の研修も、座学ではなくワークショップ形式を取り入れることが増えてきています。
大学の教員は、地域での社会活動の中でファシリテーターとしての役割を求められることが増えていると思います。

ところで、B分科会参加者の1/4が養成校の教員でした。
グループ分けのために、「幼稚園・保育園・研究者・その他(学生)の順」その中で「経験年数順」に、会場に1列に並んでみたのです。
こんなに研究者の割合が高いんだ、ということが目に見えたのです。
そしてそれは、保育者のキャリアの複線化が進行している、ということでもあるのかな、と思いました。
実践研究会の会員がなかなか若返らないというか、世代の更新がなかなか進まないというのが、この数年の研究所の悩みであったわけです。
しかし、保育者として経験年数の長い方たちが養成の場に求められて出て行くようになると、学生や卒業生を引き連れて実践研究会に参加する率が高まるでしょう。

そういえば私たちも、そうやって巻き込まれながらやってきたんだったなあ、と思い出しました。
(松山東雲 相馬)

子どもと保育冬季セミナー2008

※しばらくの間、このエントリーがトップページに表示されるよう設定していますので、最新のエントリーは、この下に表示されます。


子どもと保育総合研究所 冬季セミナー2008
“共に育ち合う保育の創造 PART2”

内容の詳細及び申込方法につきましては、
ページの最後に、プログラムと申込用紙をダウンロードできるように
なっていますので、そちらをご覧下さい。

【はじめに】
 認定こども園の新設、幼稚園教育要領・保育所保育指針の改訂、保育の自己評価、保育者の専門性の向上など、やつぎばやに新しい保育施策が次々と推進されています。
 このセミナーでは、それらの施策を早くキャッチして受身に追従するのではなく、それらが果たして、実践にプラスになるのか、子どもの視点に立ったものか、何か問題はないのかなどを、実践に即して検討してみたいと思います。
 みなさんのお近くに、子どものための保育をめざしている仲間がいらっしゃいましたら、お誘い合わせの上できるだけ多くの方にご参加いただけるよう願っております。

【日時・会場】
●日時:
2008年2月10日(日)13:00~17:30(12:30受付開始)
2008年2月11日(月)10:00~12:30(09:30受付開始)

●会場:
玉川大学

【タイムスケジュール】
●1日目(2/10 )
13:00~14:00 基調講演
『今、保育に求められていること』
森上史朗(子どもと保育総合研究所)

14:10~16:10 シンポジウム
『日々の保育実践から考える幼稚園教育要領・保育所保育指針の問題』
赤坂榮(おおやた幼保園)・小林紀子(小田原女子短期大学)・大豆生田啓友(関東学院大学)
コーディネーター:若月芳浩(玉川大学)

16:30~17:30 対談
『幼稚園教育要領・保育所保育指針について再び考える
~シンポジウムをうけて~』
佐伯胖(青山学院大学)× 渡辺英則(港北幼稚園)

●2日目(2/11) ※選択制
10:00~12:30 
分科会A            
『共に創り合う保育の難しさと面白さ』
話題提供者:和島千佳子(おおやた幼保園)・瀬川千津子(同仁美登里幼稚園)
コーディネーター:高杉展(松山東雲女子大学)

分科会B
『ビデオを通して協同的な経験を考える
 -ビデオ「年長さんがつくったおばけやしき」を通して-』
ファシリテーター:西川正(市民活動情報センター・ハンズ・オン埼玉副代表理事)
話題提供者:大豆生田啓友(関東学院大学)・相馬靖明(松山東雲短期大学)

プログラム・申込方法のダウンロードはこちら→「program2008.pdf」をダウンロード


申込用紙のダウンロードはこちら→「moushikomi2008.pdf」をダウンロード


皆様のご参加を心よりお待ちしています。


(こどもと保育総合研究所事務局)

積雪・・・明日は晴れ

ただいま、練馬の自宅付近は道路が白く雪に覆われている状態です。
明日の降雪はなく晴れるようですが、路面の凍結が予想されます。
スタッフの集合時刻はかなり早く、その上私と他に数名の練馬組は早朝出発となります。
自動車で会場にいけるかどうか気がかりな所です。
冬季セミナー開始時刻までには、雪の影響は無くなると思われますが、皆様お気をつけて会場までお越しください。

松山東雲 相馬

冬季セミナープログラム・申込書PDFファイルについて

トップのエントリーで、今週末にある冬季セミナーのプログラムと申込書の二つのPDFファイルがダウンロードできるようになっているのですが、手違いで、現在二つとも同じPDFファイルになっています。
申し訳ありません、明朝修正しますので、しばらくお待ちください。
申し込みについては一応の期限を設けていましたが、会場のキャパにはまだ余裕がありますので、明日以降ダウンロードしていただいてFAXしていただくか、当日直接会場へお越しいただいても参加可能です。
よろしくお願いいたします。

話は変わって・・・
専任教員として「保育実習」という教科をこの一年間(まだ終わってませんが)担当してわかったこと。
「実習ノート用のバインダーは統一したほうがよい。」
今年は、学生各自に用意させました。
そのため、バインダーが透明なものだと閉じた状態で中表紙が見えて誰のノートかわかるのですが、不透明なものは外側に名前を書いていたりいなかったりでいちいち開かないと誰のかわからない、
ということがわかった、ということなのですが、これがこの時期の生産性を思いっきり下げています。

次年度は、同じ仕様のバインダーを一括購入して、氏名・番号・園名などを記入するシールを用意しましょう。
そうして、学生本人が記入してバインダー表紙の同じ場所に貼るようにしましょう。
実習前後の提出物用に個人用のクリアファイルも用意しましょう。そうすれば、ホチキスで止めてる学生もいればそうでない学生もいてレポートがバラバラになってしまうということもなくなります。
そのあたりの意味合いを学生にも伝えておくことがポイントでしょうね。
そういう経験って、将来学級担任になったときにピンとくると思うんですよね。

幼稚園や保育園では、名札やカラー帽子をなぜ使うのか、ということでもありますね。
そして、なぜその園では名札やカラー帽子を使わないのか。
そんなことにも考えが及ぶかもしれませんね。
(松山東雲 相馬)

冬季セミナー2008 詳細決定!!

※しばらくの間、このエントリーがトップページに表示されるよう設定していますので、最新のエントリーは、この下に表示されます。


子どもと保育総合研究所 冬季セミナー2008
“共に育ち合う保育の創造 PART2”
についてご案内させていただきます。

内容の詳細及び申込方法につきましては、
ページの最後に、プログラムと申込用紙をダウンロードできるように
なっていますので、そちらをご覧下さい。

【はじめに】
 子どもを取り巻く環境の危機、子どもの発達の危機が叫ばれている中で、
保育園や幼稚園の果たすべき役割が今ほど大きなものになっているときはないと思われます。こうした状況の中で、現在の自分の園や保育者が直面している問題をとらえて、子どもの視点に立って、今の保育を再点検し、新しい保育をともに創造していくことが緊急の課題となっています。
 このセミナーでは、その課題を解決していく手だてを実践に即して、ともに学び合い、考え合いたいと思います。
 みなさんのそばに、そうした保育をめざしている仲間がいらっしゃるようでしたらお誘い合わせの上、できるだけ多くの方に参加いただけるよう願っております。

【日時・会場】
●日時:
2007年2月10日(日)13:00~17:30(12:30受付開始)
2007年2月11日(月)10:00~12:30(09:30受付開始)

●会場:
玉川大学(※事前のお知らせでは「予定」となっていましたが、会場を押さえることができ確定しました。2007/12/10事務局)

【タイムスケジュール】
●1日目(2/10 )
13:00~14:00 基調講演
『今、保育に求められていること』
森上史朗(子どもと保育総合研究所)

14:10~16:10 シンポジウム
『日々の保育実践から考える幼稚園教育要領・保育所保育指針の問題』
赤坂榮(おおやた幼保園)・小林紀子(小田原女子短期大学)・大豆生田啓友(関東学院大学)
コーディネーター:若月芳浩(玉川大学)

16:30~17:30 対談
『幼稚園教育要領・保育所保育指針について再び考える
~シンポジウムをうけて~』
佐伯胖(青山学院大学)× 渡辺英則(港北幼稚園)

●2日目(2/11) ※選択制
10:00~12:30 
分科会A            
『共に創り合う保育の難しさと面白さ』
話題提供者:和島千佳子(おおやた幼保園)・瀬川千津子(同仁美登里幼稚園)
コーディネーター:高杉展(松山東雲女子大学)

分科会B
『ビデオを通して協同的な経験を考える
 -ビデオ「年長さんがつくったおばけやしき」を通して-』
ファシリテーター:西川正(市民活動情報センター・ハンズ・オン埼玉副代表理事)
話題提供者:大豆生田啓友(関東学院大学)・相馬靖明(松山東雲短期大学)

プログラム・申込方法のダウンロードはこちら→「program2008.pdf」をダウンロード


申込用紙のダウンロードはこちら→「moushikomi2008.pdf」をダウンロード

皆様のご参加を心よりお待ちしています。


(浦和大学 三谷大紀)

冬季セミナーの会場について

事前のお知らせでは、冬季セミナー会場は、玉川大学の予定となっていましたが、確定いたしました。

小田急線「玉川学園前」駅下車、目の前のキャンパスとなります。
キャンパスは駅の目の前ですが、玉川学園は大変広いため、会場までは少し(かなり?)歩いていただくこととなります。
キャンパス内の環境がとても素晴らしいので、散歩というかウォーキングのつもりで楽しんでいただけたらと思います。
玉川学園関係者の皆様、ご協力に感謝申し上げます。

(子どもと保育総合研究所事務局)