2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

子どもと保育実践研究会 第15回夏季全国大会について

8月9日・10日、アルカディア市ヶ谷にて、子どもと保育実践研究会 第15回 夏季全国大会が開催されました。
気温の高い2日間でありましたが、全国各地からご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。

夏季全国大会のご感想・ご意見などございましたら、ホームページ(お問い合わせフォーム)にて承っております。
FAX、郵送の場合は、事務局までご送付ください。


■お知らせ
 8月9日、傘の忘れ物(下の写真)がありました。お心当たりの方は、事務局までご連絡ください。

110811_121617


<事務局>


子どもと保育実践研究会 第15回夏季全国大会 申込みについて

夏季全国大会の申込みについて多くのお問い合わせをいただきましてありがとうございます。
大変遅くなりましたが、申込書ができましたので会員のみなさまには6月中には発送いたします。
会員さま以外で参加ご希望の方はホームページからもダウンロードが可能ですが、郵送が必要な場合は事務局までご連絡ください。
また、当日参加も受け付けておりますのでよろしくお願いします。

子どもと保育実践研究会 第15回夏季全国大会のご案内

「遊び」の質から「学び」を考えるPartⅠ

   日 時  : 2011年 8月 9日(火)13:00~17:30
                    10日(水)9:30~15:00
   場 所  : アルカディア市ヶ谷(東京都千代田区)

    参加費 : 会員 (両日) 6,000円/ (一日) 3,000円
          一般 (両日) 9,000円/ (一日) 5,000円
          学生 (両日) 2,000円/ (一日) 1,000円

タイムテーブル
【第1日目】(8月9日)
13:00‐13:15 開催挨拶 森上史朗(子どもと保育総合研究所)
13:20‐14:50 講演Ⅰ  佐伯胖(青山学院大学)
14:50‐17:30 分科会

○第1分科会「こども園における遊びの充実(質)と学びについて」
  話題提供:足立祐子(台東区立大正幼稚園長)
         加納光 (新宿区立津久戸幼稚園)
  コメンテーター:戸田雅美(東京家政大学)
  コーディネーター:佐藤暁子(東京家政大学)

○第2分科会「子どもにとって意味のある体験を問い直す」
  話題提供:吉留五百里(若葉台バオバブ保育園)
         国分幸雄(若葉台バオバブ保育園)
  コメンテーター:大豆生田啓友(玉川大学)
  コーディネーター:三谷大紀(関東学院大学)
             髙嶋景子(田園調布学園大学)

○第3分科会「遊びを通してのかかわりの育ち~ビデオカンファレンス」
  話題提供:赤坂榮(聖徳大学)
  コメンテーター:岸井慶子(鎌倉女子大学短期大学部)
            森上史朗(子どもと保育総合研究所)
コーディネーター:高杉展(松山東雲女子大学)

【第2日目】(8月10日)
9:30‐11:00 講演Ⅱ   汐見稔幸(白梅学園大学)
11:00‐11:30 東日本大震災における保育状況について
11:30‐11:45 総会
11:45‐12:45 昼休み
12:45‐15:00 シンポジウム「「遊び」の質から「学び」を考える」
シンポジスト:汐見稔幸(白梅学園大学)
佐伯胖(青山学院大学)
小林紀子(青山学院大学)
コーディネーター:大豆生田啓友(玉川大学)